エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

暮らしの情報

妊娠中・授乳中・妊娠を計画中の方の新型コロナワクチン接種について

更新日令和3年6月23日水曜日

コンテンツID021251

妊娠中・授乳中・妊娠を計画中の方でも、mRNAワクチン(ファイザー社・モデルナ社製新型コロナワクチン)を接種することができ、現時点では接種のメリットがリスクを上回ると考えられています。

妊娠後期に新型コロナウイルスに感染した場合に重症化リスクが高くなるという点においては、ワクチン接種のメリットが考えられますが、一方で安全性に関するデータが限られていることから、接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断していただくこととなります。

ワクチンを接種するかお悩みの方は、主治医にもご相談ください。

ワクチン接種で留意すること

  • 妊娠12週までは接種を避ける
  • あらかじめ健診先の医師に接種の相談をしておく。接種してよいと言われていれば、その旨を接種会場の問診医に伝えて、接種を受ける
  • 接種前後に胎児心拍の確認ができるように、母児管理のできる産婦人科施設などで接種することが望ましい
  • 直前検査が難しい集団接種や、産科のない診療所などで接種する場合、接種前後1週間以内に妊婦健診を受診する
  • 接種後に腹痛や出血、胎動減少などの症状があればすぐに産科を受診する
  • 副反応に関し、妊婦さんと一般の人に差はないが、発熱した場合には早めに解熱剤を服用する。アセトアミノフェンは内服しても問題ないため、頭痛がある場合も内服する
  • 妊婦さんならびに妊娠を希望する方で、感染リスクが高い医療従事者、保健介護従事者、重症化リスクが高い肥満や糖尿病など基礎疾患を合併している場合は、ワクチン接種を積極的に考慮する
  • 妊婦さんのパートナーは、家庭内での感染を防ぐために、ワクチン接種を考慮する

おおい町の接種体制について

新型コロナワクチン予防接種について【おおい町の接種体制について】をご覧ください。

ご相談・お問い合わせ

相談内容 電話番号
妊娠・子育てについて 保健福祉センターなごみ
すこやか健康課(子育て世代包括支援センター)
電話番号:0770-77-1155
新型コロナワクチン接種の予約等のお問い合わせ
おおい町新型コロナワクチン接種コールセンター
電話番号:0770-77-3411
新型コロナウイルス感染症の症状・受診等のご相談・お問い合わせ
福井県「受診・相談センター」
電話番号:0776-20-0795

情報発信元

すこやか健康課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。