エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

目的から探す

おおい町木造住宅耐震化促進事業について

更新日平成28年7月13日水曜日

コンテンツID012271

平成28年4月に発生した熊本地震では、大きな地震が何度も襲い、いくつもの建物が倒壊しました。特に昭和56年5月以前の旧耐震基準で建てられた住宅に被害が多く見られます。
旧耐震基準の住宅にお住まいの方は、地震による被害から人命を守るため、できるだけ早く耐震化を進めましょう。
おおい町では、地震の際の木造住宅の倒壊等による被害を軽減し、住民の安全性の確保を図るため、木造住宅の耐震診断や耐震改修に対する補助を行っています。

木造住宅耐震診断等促進事業

住宅耐震化の支援事業として、耐震診断と補強プラン作成に要する費用の一部を助成します。

  • 耐震診断
    福井県木造住宅耐震診断士による診断が受けられます。
    個人負担額:5,000円
  • 補強プランの作成
    耐震診断の結果に基づき具体的な補強方法等について計画します。
    個人負担額:5,000円

対象となる住宅

町内に所在する、昭和56年5月31日以前に着工された在来工法または枠組壁工法による自ら居住するために所有する一戸建木造住宅(併用住宅で延床面積の2分の1以上が住宅用に供されているものを含む。)で3階建て以下のもの。

木造住宅耐震改修促進事業

  • 住宅全体の耐震改修工事
    補助額 最大80万円(対象工事費の23%以内)
  • 部分的な耐震改修工事
    特定居室(直接外気に接する避難上有効な開口部を有する居室 のうち、最低1以上を含む範囲で、1階にあるもの。)を対象とた工事
    補助額 最大30万円(対象工事費の23%以内)

詳しくは役場建設課までお問い合わせください。

お問い合わせ先

おおい町役場建設課

  • 電話番号:0770-77-4057

情報発信元

建設課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。