エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

福井国体サイト

おおい町炬火採火式において「おおい町の火」が誕生しました!!

更新日平成30年8月6日月曜日

コンテンツID018070

平成30年8月4日(土)にうみんぴあ大飯で開催された第24回若狭おおいのスーパー大火勢において、福井しあわせ元気国体おおい町炬火採火式が行われました。

「炬火」とはオリンピックの「聖火」にあたるもので、県内17市町で採火した火を一つにまとめ、国体・障スポ期間中、選手たちを見守る「シンボル」として、炬火台に灯されます。

おおい町では、「悠久の炎」から採火し、9月1日(土)に福井市で開催される「集火式」に届けます。

多くの方々に見守られる中、中塚町長より「悠久の炎」がおおい観光フレンズの持つ炬火トーチへうつされ、その後受皿に点火し、見事「おおい町の火」が誕生しました。

12

2

情報発信元

国体推進室

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。