エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

ライフイベント

限度額適用・標準負担額減額認定証の申請について

更新日平成24年3月12日月曜日

コンテンツID012531

高額な医療費の窓口支払が軽減されます

 高額な診療を受けたとき、限度額適用認定証等(※)を提示すれば、ひと月の医療機関等の窓口での支払いが一定の金額にとどめられます。また、保険薬局、指定訪問看護事業者についても同様の取扱いを受けることができます。

 限度額適用認定証等は、加入する医療保険者に事前に申請し、交付を受ける必要があります。 申請方法、自己負担限度額等、詳しくは下記までご相談ください。

※70歳以上で課税世帯の方は、通常どおり保険証と高齢受給者証を提示することで限度額にとどめられます。(70歳以上で非課税世帯の方は、申請していただくことで限度額適用認定証等が交付されます。)

(お問い合わせ)

国民健康保険、後期高齢者医療制度の被保険者

保健医療課 電話番号 0770-77-1155

被用者保険(協会けんぽ、健保組合、共済組合等)の被保険者

お勤め先にお問い合わせください

(補足)厚生労働省のホームページに詳しく掲載されていますので「関連情報」よりご覧下さい。

関連情報

情報発信元

保健医療課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。