エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

ライフイベント

要介護認定者の障害者控除について

更新日平成25年4月4日木曜日

コンテンツID012171

介護保険の要介護認定を受けている方で、一定の要件に当てはまる方は、申請により「障害者控除対象者認定書」を交付します。
この認定書を提示することで、所得税や住民税の申告をする際に、障害者控除を受けることができます。

対象となる方

65歳以上の要介護認定者で、次の認定基準に該当する方

(補足)要支援1・2の方、障害者手帳等の交付を受けている方は対象になりません。

認定基準

認定調査票又は主治医意見書に記載されている「障害高齢者日常生活自立度」と「認知症高齢者日常生活自立度」のいずれかが、以下の基準に該当する方

認定基準表

控除の種類

障害高齢者
日常生活自立度

認知症高齢者
日常生活自立度

障害者控除

ランクAの者

ランク①又は②の者

特別障害者控除

ランクB又はCの者

ランク③又は④若しくはMの者

申請に必要なもの

  • 障害者控除対象者認定申請書
  • 介護保険被保険者証
  • 申請者の印鑑
  • 対象者の印鑑(申請者と異なる場合)

情報発信元

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。