エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

ライフイベント

介護保険料について

更新日平成27年6月10日水曜日

コンテンツID010521

介護保険料は介護保険を運営していく大切な財源です。介護が必要になったときに安心してサービスを利用できるよう、保険料は必ず納めましょう。
介護保険制度は、老後における最大の不安要因である介護の問題を社会全体で支えあう制度ですので、介護サービスの利用の有無にかかわらず40歳以上の方は介護保険料を納めていただくことになります。

40歳~64歳の方(第2号被保険者)の保険料

  • 保険料の決め方
    保険料算出の詳細については、加入している医療保険担当者にお問い合わせください。
  • 保険料の納め方
    国民健康保険や会社の健康保険など、加入している医療保険に介護保険分を上乗せして、医療保険と一括して納めます。

65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料

  • 保険料の決め方
    保険料は介護サービスにかかる費用などから算出される基準額をもとに、所得に応じて9段階に設定されます。

なごみ診療所や介護老人保健施設、グループホーム、小規模多機能ホーム等の開設により、充実した介護サービスが提供できるようになったことや、これらのサービスを利用される75歳以上の高齢者人口の増加等により保険給付費も年々増加していくことが予想されることなどから、将来にわたり安定したサービスを提供していくため、平成27年度から介護保険料を見直し、保険料は次のとおりとなります。
なお、保険料の急激な上昇を抑えるため、準備基金からの繰り入れを行うことで基準段階の方で月額195円程度(1年間で2,340円程度)の軽減を図ります。

介護保険料

介護保険料一覧

保険料段階

対象者

保険料月額

平成27年度・平成28年度

保険料月額

平成29年度

(予定)

第1段階

  • 生活保護を受けている人
  • 老齢福祉年金受給者で、世帯全員が住民税非課税の人
  • 世帯全員が住民税非課税の人で、課税年金収入金額+合計所得金額が80万円以下の人

2,520円

1,680円

第2段階

  • 世帯全員が住民税非課税の人で、課税年金収入金額+合計所得金額が80万円を超え120万円以下の人

3,528円

2,800円

第3段階

  • 世帯全員が住民税非課税の人で、課税年金収入金額+合計所得金額が120万円を超える人

4,200円

3,920円

第4段階

  • 世帯に住民税を課税されている人がいて、本人は住民税非課税で、課税年金収入金額+合計所得金額が80万円以下の人

5,040円

5,040円

第5段階

  • 世帯に住民税を課税されている人がいて、本人は住民税非課税で、課税年金収入金額+合計所得金額が80万円を超える人

5,600円(基準額)

5,600円

第6段階

  • 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の人

6,720円

6,720円

第7段階

  • 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満の人

7,280円

7,280円

第8段階

  • 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満の人

8,400円

8,400円

第9段階

  • 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が290万円以上の人

9,520円

9,520円

(補足)平成29年度の保険料(負担割合)に関しては、低所得者の軽減強化策による公費負担にかかる症例公布後の予定額です

保険料の納め方

  • 特別徴収(年金からの天引き)
    年金が年額18万円以上であれば自動的に特別徴収となります。対象となる年金の種類は(1)老齢・退職年金、(2)障害年金、(3)遺族年金があり、複数の年金を受給している場合は、番号順の年金から優先して徴収されることになります。
  • 普通徴収(納付書による金融機関等への直接納付)
    年金が年額18万円未満の場合は普通徴収となります。町が送付する納付書で、期日までに指定金融機関等を通じて納めます。
    また普通徴収の皆様には、納めに行く手間が省け、納め忘れの心配が無い口座振替をおすすめします。通帳と届出印を持って指定の金融機関でお申込みください。
普通徴収の納期

納期

1期

2期

3期

4期

5期

6期

7期

8期

新しい納付月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

口座振替の場合は納付月の25日が引落日になります。

保険料を納めないでいると

特別な事情もなく保険料を滞納していると、滞納期間に応じて次のような措置がとられますので納め忘れのないようにしましょう。

  • 1年以上滞納:サービス利用にかかる費用がいったん全額自己負担になります。
  • 1年6か月以上滞納:保険給付が一時差し止めとなります。
  • 2年以上滞納:利用者負担が1割から3割に引き上げられたり、高額介護サービス費が受けられなくなったりします。

情報発信元

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。