エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

町政情報

おおい町過疎地域自立促進計画を策定しました(平成28年度から平成32年度)

更新日平成27年12月21日月曜日

コンテンツID013741

平成23年3月に発生しました東日本大震災により、「過疎地域自立促進特別措置法の一部を改正する法律」が施行され、現行法の有効期限が平成33年3月31日まで5年間延長されたことに伴い、「おおい町過疎地域自立促進計画」を策定しました。

おおい町過疎地域自立促進計画と過疎地域

過疎地域自立促進特別措置法に基づき過疎地域として公示された市町村が、地域の自立促進を図るため策定する事業計画を「過疎地域自立促進計画」と言います。当町は、同法第33条第2項の規定により、旧名田庄村区域が過疎地域とみなされる区域になります。

策定の理由

東日本大震災の発生を受け、平成24年6月に「過疎地域自立促進特別措置法」の一部が改正され、過疎地域自立促進のための地方債の発行可能期限が5年間延長されました。過疎地域である当町においても、平成32年度まで過疎対策事業債を活用できることから、将来の財政運営に柔軟性を持たせるとともに、引き続き、地域の発展を図るため、「おおい町過疎地域自立促進計画」を策定しました。

計画期間

平成28年度から平成32年度(5か年)

関連資料

PDFファイルをパソコンで閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。

情報発信元

総合政策課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。