エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

町政情報

町議会の仕事

更新日平成21年4月21日火曜日

コンテンツID010180

議決、検査・調査・監査請求、意見書の提出などを行っています。

町議会には、議決権、調査権、監査請求権などの権限があたえられており、それに基づいて次のような仕事をしています。

議決

町議会の最も基本的な仕事で、条例や予算を定めたり、決算を認定したり重要な契約や財産の取得や処分の決定などを行います.

検査・調査・監査請求

町の事務に関する書類を検査したり、関係者の出頭・証言、記録の提出を求めたり、監査委員に監査を求め、町民の代表として町政を監視します。

意見書の提出

町民生活に関わりの深い事柄について、その実現を図るため、国や県などに議会の意志をまとめた意見書や要望書を提出します.

選挙・同意

議長・副議長や選挙管理委員を選挙したり、町長が副町長・監査委員を選任する際に、同意を与えます。

請願と陳情

町政について意見や要望があるときには、どなたでも請願や陳情の文書を直接町議会に提出することができます。
町議会議員の紹介があるものを請願、ないものを陳情といいます。
町議会に提出された請願は、委員会で審査した上で、本会議で採択するかどうかを決定します。
採択された請願は、必要に応じて町長などに送付し、その実現を図ります。
陳情についても、議長の判断により、請願書と同様に取り扱われます。
詳しくは請願・陳情のページをご覧ください。

情報発信元

議会事務局

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。