エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

町政情報

「町制施行10周年記念式典」を挙行いたしました 1

更新日平成28年2月12日金曜日

コンテンツID013797

新町「おおい町」が誕生してから本年の3月3日でちょうど10周年を迎えますことから、去る平成28年1月31日に町民センターにおいて「町制施行10周年記念式典」を開催いたしました。当日は寒中でありながら、素晴らしい晴天に恵まれ、多くの町民の皆様とご来賓各位にご出席いただき、さらに、合併後の町づくりにおいてそれぞれご功績のありました方々や各種団体の皆様をお招きし、表彰並びに、感謝状の贈呈をさせていただきました。また、アトラクションでは大飯中学校吹奏楽部の演奏や名田庄中学校の合唱に加え、ハーモニーおおいとやまびこコーラスの皆さんのコラボによる合唱を披露していただきました。おおいの未来を担う若者や長きにわたって活動されてきた皆さんによる素晴らしいアトラクションとなりました。今後さらに、様々な世代の皆さんの参加と協調による、素晴らしい町づくりのハーモニーが奏でられるよう強く念願してやみません。もちろん、町長として重責を認識し、しっかり取り組んでまいります。改めまして、広く町民の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
なお、当日の式辞を添付いたしますのでご覧いただければ幸いです。
(2回に分けて掲載させていただきます。)

おおい町制施行10周年記念式典 式辞

本日ここに、多くの町民の皆様のご参加を得て、福井県知事西川一誠様、復興大臣高木毅様、参議院議長山崎正昭様はじめ、多くのご来賓の皆様にご臨席いただき、「おおい町制施行10周年記念式典」を挙行できますことは、この上ない喜びであり、心から御礼申し上げます。
誠にありがとうございます。
おおい町は、平成18年3月3日に、旧大飯郡大飯町と、旧遠敷郡名田庄村の合併により誕生し、新たな歴史の1ページを刻み始めました。
爾来、10年の節目を迎えます本年、新町誕生にご尽力いただきました、皆様に、改めまして、深く敬意と感謝を申し上げます。また、今日までの間、町政発展の着実な歩みを牽引し、支えていただきました多くの皆様と、広く町民の皆様に心より感謝と御礼を申し上げます。
この10年を振り返りますと、町内の融和と一体感の醸成や暮らしを支える社会資本整備、広く交流を喚起するための事業など、「住む人に豊かさを 訪れる人に感動を」 目標とした総合計画に基づき、先ほどご覧いただきました「未来へのかけはし~ふるさとおおい10年の軌跡~」の通り、町の元気を創出する様々な事業が着実に進んでおります。
さかのぼれば、旧大飯町において、先人、諸先輩方をはじめ、町民の皆様の大変なご労苦とご尽力により、町づくりのよりどころとして原子力発電所を誘致し、新たな歴史がスタートいたしました。今日の繁栄を享受することができる私たちは決してそのことを忘れてはなりません。
そのような中、原子力発電所誘致の集大成事業としての位置づけを持つ「うみんぴあ大飯」では、マリーナ、こども家族館、ホテルうみんぴあなど、集客施設の整備に加え、町民参加による、賑い創出を目的に整備された「道の駅うみんぴあ大飯」では、多くの出荷者の皆さんにお支えいただき、広く交流をすすめる町の玄関口として、さらには若狭地域を代表する中継基地として、おおいに賑いを創出しています。
また、野球場や多目的グラウンド、体育館などを有する、総合運動公園には新たに「みどりの広場」としてサッカー・ラグビーコートなどを整備し、スポーツ交流の拠点として県内外の利用者に好評を博しています。
さらに、保健・医療・福祉施設などの整備と充実は、人々の暮らしを守るとともに生活の安心に寄与しています。また、官民の連携による様々な活動も活発化し、歴史ある消防団や防犯隊、スーパー大火勢や星のフィエスタ実行委員会をはじめとする、多くの活動が地域を支えるとともに、その活性化に貢献して頂いております。

情報発信元

総務課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。