エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

暮らしの情報

男性の風しん抗体検査および予防接種について

更新日令和2年4月23日木曜日

コンテンツID018590

 風しんに対する免疫を持たない女性が、妊娠中(特に妊娠初期)に風しんに感染すると、胎児が先天性風しん症候群にかかるおそれがあります。そこで、風しんの流行と妊娠中の女性への感染予防を目的として、これまで風しんに係る公的な予防接種を受ける機会がなかった40代から50代の風しん抗体価が低い世代の男性を対象に、風しん抗体検査及び予防接種を無料で実施します。

対象者

 (1)風しん抗体検査
   おおい町に住民登録があり、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

 (2)風しん予防接種
   (1)の抗体検査を実施した結果、抗体が十分でないと判断された方

 この制度の対象とならない方は、こちらの制度(新しいウィンドウで開きます。)の対象となる可能性がありますのでご確認ください。

実施期間

 令和4年3月31日まで

クーポン券について

 対象となる方には、クーポン券を令和元年6月に送付しました。
 検査や予防接種を受ける時には、クーポン券がないと無料になりませんのでご注意ください。

 <令和2年4月1日以降>
 令和元年6月に配布した風しん抗体検査のクーポン券は令和3年2月末まで使えます。
 (有効期限は令和2(2020)年2月となっていますが、そのまま使用していただけます。
 新たにクーポン券は送付いたしません。お手元にない方は再発行できますのでご連絡ください。

抗体検査・予防接種の受け方について

 抗体検査

  受け方としては、以下の3つの方法があります。
  クーポン券本人確認ができるもの(運転免許証等)を持参してください。

  ①医療機関で受ける
   町内の4医療機関(永谷医院、なごみ診療所、堀口医院、名田庄診療所)の他、
   全国で契約している医療機関(新しいウィンドウで開きます。)で受けることができます。

  ②職場の健診で受ける
   受けることが出来るかどうかは勤務先にお問い合わせください。

  ③町の健診で受ける
   町の生活習慣病予防健診を実施している会場で受けることができます。

 予防接種

  抗体検査を受けた結果、抗体が十分でないと判断された方は、医療機関で予防接種をしましょう。
  町内の4医療機関(永谷医院、なごみ診療所、堀口医院、名田庄診療所)の他、
  全国で契約している医療機関(新しいウィンドウで開きます。)で受けることができます。
  クーポン券抗体検査の結果本人確認ができるもの(運転免許証等)を持参してください。

情報発信元

すこやか健康課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。