エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

暮らしの情報

不妊治療費の助成をしています。

更新日平成28年6月6日月曜日

コンテンツID013914

この事業は、次世代育成支援の一環として、子どもを生みやすい環境づくりを推進するため、不妊治療に要する費用の一部を助成することにより、不妊治療を受けている夫婦の経済的負担の軽減を図り、治療を受ける機会を増やすことを目的としています。

助成を受けることのできる経費

国内医療機関での保険診療適用以外の検査費及び診療費

助成を受けることのできる方

次の要件をすべて満たす方

①不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断された方
②助成金の交付申請をした日において、法律上の婚姻をしている夫婦であり、夫婦のいずれかが、おおい町に1年以上住所のある方
③各医療保険に加入している方
④町税を完納している方

助成の額などについて

①不妊治療にかかる検査費および診療費が対象となります。
②年間30万円を上限とします。
③福井県の助成制度を優先的に利用することを原則とします。
④福井県の助成制度等を利用された場合は、その額を引いた額に対し助成します。

申請手続きの方法

  • 申請、相談先 は下記のとおり

申請に必要な書類

①おおい町不妊治療費助成金交付申請書…保健医療課(保健福祉センターなごみ)・保健福祉室(あっとほ~むいきいき館)にあります
②不妊治療を受けた医療機関発行の領収書(原則原本)
③住民票(続柄記載の謄本)
④納税証明書(夫と妻の分)
⑤福井県特定不妊治療費助成承認決定通知書(福井県の助成制度を利用された方のみ)

ただし、③住民票および④納税証明書については、公簿確認での本人同意があれば省略することが出来る。

申請されても必ずしも決定するとは限りませんので、申請年度の12月末までに一度ご相談ください。
また、申請は治療が終了した日の属する年度の末日までに行ってください。

お問い合わせ先

おおい町保健医療課

  • 電話番号:0770-77-1155

関連情報

関連資料

PDFファイルをパソコンで閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。

情報発信元

保健医療課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。