エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

暮らしの情報

ジェネリック医薬品を活用しましょう

更新日平成29年3月2日木曜日

コンテンツID017054

ジェネリック医薬品とは

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)の特許期間が過ぎた後に、新薬と同じ有効成分で作られた薬のことです。開発費が抑えられている分、新薬より安価で購入できます。

 ジェネリック医薬品を利用することで自己負担を減らすことができ、また医療費の節約で医療保険制度の安定にもつながります。

ジェネリック医薬品の特徴

  • 新薬と有効成分が同じなので、同等の効果が得られます。
  • 開発コストが少ない分、先発医薬品より安価です。

利用するときは希望を伝えましょう

 ジェネリック医薬品の利用を希望するときは、医師や薬剤師にその旨をはっきり伝えましょう。その際、医師や薬剤師の説明はよく聞きましょう。

情報発信元

保健医療課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。