エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

暮らしの情報

国民健康保険とは

更新日平成20年4月4日金曜日

コンテンツID010499

医療保険はすべての人が加入します

国民健康保険の関係図の画像
国民健康保険の関係図

国民健康保険とは、自営業や退職した方など職場の健康保険に加入できない人に医療を保障する医療保険です。すべての国民は必ず医療保険に加入しなければなりません。加入していない方は、すぐに役場で加入手続きを行なってください。

国民健康保険制度

我が国ではすべての人が医療保険に加入することになっています。国民健康保険(以下、国保)は職場の健康保険などに加入できない人に医療を保障する医療保険です。

国保のしくみと加入する人

国保とは、病気やけがに備えて、お金を出し合い、みんなで助け合おうという制度です。国保に加入できる人は以下のとおりです。

  • お店などを経営している自営業の人
  • 農業や漁業などを営んでいる人
  • パート、アルバイトなどをしていて、職場の健康保険などに加入していない人
  • 3ヵ月を超えて日本に滞在すると認められた外国籍の人(医療滞在ビザや観光・保養目的の在留資格を持つ人などは除く)
  • 退職して職場の健康保険などをやめた人

加入は世帯ごと

国保では、大人や子どもの区別なく、一人ひとりが被保険者ですが、加入は世帯ごとで行ないます。その届出は世帯主が行ないます。
国保の保険証は、国保の被保険者であることの証明であり、受診券でもあります。一人一枚の保険証が交付されます。大切に取り扱いましょう。

  1. 交付されたら記載内容を確かめましょう
  2. いつでも使えるよう、必ず手元に保管しましょう
  3. 有効期限が過ぎた保険証は使えません。国保から新しい保険証が交付されます
  4. 資格がなくなったら、すぐ国保の担当窓口へ返却しましょう
  5. 紛失したり、破れて使えなくなったときは、国保の担当窓口へ
  6. 被保険者に異動があったときなどは、自分で書き直すと無効になります

情報発信元

保健医療課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。