エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

暮らしの情報

火災からの避難ポイント

更新日平成30年4月1日日曜日

コンテンツID010276

  1. 天井に火が燃え移ったときが避難の目安
  2. 避難はお年寄り・子ども・病人・障害者を優先
  3. 服装や持ち物にこだわらず、できるだけ早く避難する
  4. ちゅうちょは厳禁 炎の中は一気に走り抜ける
  • 頭から水をかぶり、ぬれたタオルや衣類で顔を被う。
  • ぬれたシーツでからだ全体をおおい走り抜けるのも効果的
  1. 炎の中を逃げるときは、できるだけ姿勢を低くして
  • ぬれたタオルで口をおおい、低く床をはうように脱出(階段も同じ)。
  • 室内なら壁づたいに。廊下なら中央を進む。
  • ナイロン製の袋に空気を入れてかぶれば、1分半は呼吸できる。
  1. いったん逃げ出したら、再び中には戻らない
  2. 逃げ遅れた人がいるときは、近くの消防隊に連絡する

情報発信元

総務課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。