エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

暮らしの情報

火災初期活動の3原則

更新日平成30年4月1日日曜日

コンテンツID010275

1 早く知らせる

「火事だ」と大声で叫ぶ

  • 小さな火事だと思っても、「火事だ」と大声を出し、隣近所に援助を求める。
    声が出なければ、やかんなどを叩き異変を知らせる。
  • 小さな火事でも119番に通報する。当事者は消火に当り、近くの人に通報を頼む。

2 早く消火する

勇気をもって初期消火を

  • 出火から3分以内が消火できる限度。

水や消火器だけで消そうと思わず。座ぶとんで火を叩く、毛布で火をおおうなど、手近なものを活用する。

3 早く逃げる

避難は早めに

  • 天井に火が燃え移ったらいさぎよく避難する。
  • 避難するときは、燃えている部屋の窓やドアをしめて空気を絶つ。

情報発信元

総務課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。