エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

暮らしの情報

アマゾン等をかたる架空請求にご注意を!

更新日平成30年7月5日木曜日

コンテンツID017996

消費者の携帯にSMSを用いて有料動画等の未納料金の名目で金銭を支払わせようとする
「アマゾンジャパン合同会社等」をかたる架空請求詐欺に関する相談が、各地の消費生
活センター等に寄せられています。

アマゾンをかたる事業者は、通販サイト(Amazon.co.jp)で商品の販売等を行う実在
の事業者であるアマゾンジャパン合同会社又はその関係会社と同一又は類似の名称を使用
しています。実在するアマゾンは、本件とは全く無関係です。

実在するアマゾンは、SMSで未納料金を請求することはなく、未納料金の支払い方法と
して、利用者にギフト券を購入させてその番号を連絡させることもありません。

詐欺的な行為を行う事業者らが、実在する事業者名をかたる事案が頻発しています。
聞き覚えのある会社だからといって、安易に信用せず、話の内容をよく確認しましょう。

※このようなSMSや電話での要求に「おかしいな!?」と思ったら、嶺南消費生活センター
 TEL:0770-52-7830)や警察(TEL:#9110)にご相談ください。

詳細は、消費者庁の下記ページもご覧ください。

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/pdf/consumer_policy_information_180629_0001.pdf
(新しいウィンドウで開きます。)

amazon
(引用・消費者庁より)

情報発信元

商工観光振興課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。