エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

暮らしの情報

児童手当制度について

更新日平成24年4月20日金曜日

コンテンツID012565

児童手当制度の概要について

平成24年4月1日に法改正され、これまでの「子ども手当制度」から「児童手当制度」に変わりました。児童手当は、15歳到達後最初の3月31日(中学校終了前)までの児童(施設入所等の児童を除く)を養育している方に支給されます。

 ※平成24年6月分から所得制限が適応され、限度額以上の方は特例給付により、一律5,000円支給されます。

支給対象について

国内に住所を有し、中学校修了前(15歳到達後最初の3月31日)の児童を養育している方

(注意点)

  • 父母がともに児童を養育している場合は、生計を維持する度合いの高い方が請求者となります。
  • 離婚協議中など一定の条件に該当される場合は、児童と同居している方が請求者となります。
  • 児童養護施設等に入所している児童等については、施設の設置者等が請求者となります。
  • 児童が留学により国外に居住している場合にはお問合せください。

支給額について

支給額表
支給対象 支給月額
所得制限額未満の人
支給月額
所得制限以上の人
0~3歳未満 15,000円 一律5,000円
3歳~小学校修了前(第1子、第2子) 10,000円 一律5,000円
3歳~小学校修了前(第3子以降) 15,000円 一律5,000円
小学校修了後~中学校修了前 10,000円 一律5,000円

所得制限について

平成24年6月分より所得制限が適用されます。(限度額は下表のとおり)
また、所得には一定の控除があります。詳しくは窓口へお問い合わせください。

限度額表
扶養親族数 所得額 収入額
0人 622.0万円 833.3万円
1人 660.0万円 875.6万円
2人 698.0万円 917.8万円
3人 736.0万円 960.0万円
4人 774.0万円 1,002.1万円
5人 812.0万円 1,042.1万円

支払時期について

児童手当の支払は、原則として、毎年2月、6月、10月に、それぞれの前月分をまとめて指定口座に振り込みます。支払日が休日の場合は、直前の平日が支給日となります。

2月~5月分:6月10日
6月~9月分:10月10日
10月~翌年1月分:2月10日

(補足)平成24年6月支給分については、平成24年2月、平成24年3月分の「子ども手当」と平成24年4月、平成24年5月分の「児童手当」をまとめて支払います。

手続きの方法について

出生、転入等により新たに受給資格が生じた場合、窓口にて申請をしてください。 申請日の翌月分から支給します。
なお、 出生の場合は出生日の翌日から起算して15日以内に、また、転入の場合は転出予定日の翌日から起算して15日以内に申請すれば、出生・転入等の日の翌月分から支給されます。

新規認定請求・額改定請求・消滅届の提出について

出生、転入等により新たに受給資格が生じた場合や支給対象となる子どもの数が増えた時は、事由が発生した日の翌日から15日以内に手続きが必要です。
(他の市町村へ転出する場合や、養育する子どもの人数が減った場合も手続きが必要です。)

認定請求の手続きに必要なもの

  • 印鑑
  • 受給者の健康保険被保険者証の写し
  • 手当を受給するための金融機関の口座が確認できるもの(通帳等)
    (口座は必ず受給者名義であることが必要です)
  • 所得課税証明書(他の市区町村から転入していた方で、1月1日現在おおい町に住民登録がなかった方)
  • その他、世帯の状況により提出が必要な書類があります。
    (養育する子どもと別居、協議離婚中の別居、未成年後見人、父母指定者等)

※公務員の方は所属庁に認定請求を行なう必要がありますのでご注意ください。

現況届の提出が必要です

児童手当を受給している方は、毎年6月に「現況届」の提出が必要です。提出がないとその年の6月分以降の手当が受けられなくなりますのでご注意ください。(対象者には、町から書類を送付します)

情報発信元

住民福祉課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。